メニュー

論文・著書(日本語)の紹介

2020年

67.新城拓也、清水政克、三宅敬二郎、田村 学、遠矢純一郎、白山宏人、松木孝道、石川朗宏、村岡泰典、濱野淳
自宅で療養するがん患者の状況と死亡時の医師や看護師の立ち会いについての調査研究
Palliat Care Res 2020;15(4)259-63

66.田村 学、丸山純子、星美奈子、塚原悦子、横山世里奈、白川透、佐々原友子
緩和ケアと在宅医療
老年内科 1(5):619-625、2020

2019年

65.田村 学、丸山純子、星美奈子
神経難病患者に対すコミュニケーション支援 Monthly Book Medical Rehabilitation No243:67-72,2019

64.田村 学
人工呼吸で理解しておきたい喉頭と気管の解剖と生理
在宅新療0-100 へるす出版 3(11):1027-1031.2019

2018年

63.田村 学
健康長寿・フレイル対策シリーズ
聴平衡覚機能と健康長寿・フレイル対策
第5章 地域で支える取組・連携 -治し・支える医療に向けて-
3.各療養の場における患者サポート -非専門スタッフでも指導できる知識とコツ- 2018

62.田村 学
老年医学(上) ―基礎・臨床研究の最新動向―
Ⅷ 高齢者の在宅医療 5.高齢者の在宅医療の実際(5)耳鼻咽喉科診療 2018

61.田村 学
糖尿病を合併した癌患者
在宅がん患者の英王サポートに精通した在宅医療福祉従事者の全国的育成システムの開発
症例テキスト 4月2018年

60.田村 学
気管切開を行っている患者の注意点は
在宅医療マネジメントQ&A治療
日本医事新報社 P341 5月2018年

2017年

59.田村 学
耳鼻咽喉科医の在宅医療
耳鼻咽喉科・頭頸部外科 89巻11号 2017

58.田村 学
在宅医療
呼吸リハビリテーション入門:フクダ電子株式会社 12-13 2017

2016年

57.田村 学
耳鼻咽喉科・頭頸部外科と在宅医療
日本耳鼻咽喉科学会会報専門医通信 119巻9号2016

2013年

56.田村 学
酸素療法と気管切開管理
日本医事新報社 No.4668号 2013年10月12日

55.田村 学
在宅医療における緩和ケア②(本人・家族を支える技術的側面)
治療 Vol.95,No.2 2013年

2012年

54.田村 学
『風になった医師』著書
MASブレーン 2012年12月

53.川島 佳代子,田村 学,辻本 俊弥
T字型シリコンシート挿入を必要とした嚢胞状涙嚢炎例
耳鼻咽喉科臨床 105(2), 135-140, 2012

2011年

52.津田武、西池季隆、川島貴之、村田潤子、喜井正士、田村 学、猪原秀典
鼻副鼻腔内反性乳頭腫32例の検討
耳鼻咽喉科臨床 104(6), 427-433, 2011

51.田村 学
このままいくとあなたはボケる
大阪保険医雑誌 No. 2011

50.田村 学
在宅医療のすすめ
大阪保険医雑誌 4月号 No.533 2011

2010年

49.田村 学
風になった医師
JOHNS 26(10):1708-1710 2010

48.田村 学
甲状腺眼症
耳鼻咽喉科・頭頸部画像アトラス
JOHNS 26(3):386-387 2010

2008年

47.田村 学
ありふれた耳鼻咽喉科疾患の治療
―私はこうしている― 副鼻腔炎―私の治療戦略―
A. 急性副鼻腔炎 B.慢性副鼻腔炎 C.歯性上顎洞炎 D.術後性上顎嚢胞
『すぐに役立つ外来耳鼻咽喉科疾患診療のコツ』
全日本病院出版会 2008年11月

46.田村 学
後天性免疫不全症候群(AIDS)
医学書院 2008年6月

45.田村 学
花粉症
総合臨床 Vol.57 1440-1441頁 2008

44. 田村 学
アレルギー性鼻炎
総合臨床 Vol.57 1339頁 2008

43.田村 学
副鼻腔手術を極める
甲状腺眼症
JOHNS 24(2):225-228 2008

2006年

42.田村 学
アレルギー性鼻炎の外科的治療の選択をどう考えるか?
下鼻甲介レーザー手術の立場から
JOHNS 22(10):1433-1436 2006

41.田村 学
鼻アレルギーに対する手術(ビデオ付)
耳鼻咽喉科・頭頸部外科 外来手術の基本テクニック
中山書店 59-66頁 2006

40.田村 学
ナビゲーションシステムが威力を発揮する症例
耳鼻咽喉科・頭頸部外科診療のコツと落とし穴 2 鼻・副鼻腔疾患
中山書店 148-149頁 2006

39.田村 学
内視鏡下鼻副鼻腔手術前の検査と説明
耳鼻咽喉科・頭頸部外科診療のコツと落とし穴 2 鼻・副鼻腔疾患

38.田村 学
内視鏡下鼻副鼻腔手術の応用編
耳鼻咽喉科・統計部外科 医学書院 Vol.78 NO.6 361-371 2006

37.田村 学
鼻出血
今日の治療指針2006年版 医学書院 1076頁 2006

2005年

36.安江正明、大竹康之、永井寛、佐藤克彦、光田博充、山本(前田)万里、坂本朱子、藪根光晴、梶本佳孝、梶本修身、田村学
「べにふうき」緑茶の抗アレルギー作用ならびに安全性評価
―軽症から中等症の通年性アレルギー性鼻炎有症者を対象として-
日本食品新素材研究会誌 第8巻第2号65-80 2005

35.田村 学
副鼻腔炎の外科的治療
耳鼻咽喉科・頭頸部外科 医学書院 vol.77 NO. 11 817-822 2005

2004年

34.田村 学
外傷による鼻性髄液漏の取り扱い
耳鼻咽喉科診療プラクティス
耳鼻咽喉科・頭頸部外科領域の外傷と異物 文光堂 145 2004

33.田村 学
甲状腺眼症に対する内視鏡下鼻内手術(カラー図説)
耳鼻臨床 97:11;946-947 2004

32.田村 学
鼻涙管閉塞症に対する内視鏡下涙嚢鼻腔吻合術
専門医通信 第80号  8-9 2004

31.田村 学, 浅田秀夫, 村田潤子、川本将浩、識名崇、端山昌樹、久保武
扁桃誘発試験後のサーモグラフィーによる病巣扁桃の診断 
耳鼻咽喉科免疫アレルギー 21(2):94-95 2004

30.藤井可絵、田村 学、西池季隆、大崎康宏、久保武
アスピリン喘息に対する内視鏡下鼻副鼻腔手術の効果
日本鼻科学会誌 43(2):175-181 2004

2003年

29.田村 学
ムンプス難聴について
病原微生物検出情報 Vol.24 No.5 107 2003

28.村田潤子、田村 学
アレルギー性鼻炎に対する手術 58-64、2003
株式会社 メジカルビュー社 ENTNow
耳鼻咽喉科・頭頸部外科―処置・手術シリーズNo6
耳鼻咽喉科処置・手術の副損傷

27.田村 学
鼻副鼻腔疾患における内視鏡の適応 耳鼻臨床 96:3:290-291 2003

26.田村 学
関連機器と使用上の要点:鼻副鼻腔炎内視鏡治療のコツと落とし穴 全日本病院出版会 ENTONI 22:75-81、2003

25. 田村 学
副鼻腔手術における鼻涙管損傷の予防と対応 JOHNS19(3):379-382 2003

2002年

24.田村 学
眼窩・涙道手術のための臨床解剖.
耳鼻咽喉科診療プラクティス
耳鼻咽喉科・頭頚部外科のための臨床解剖 文光堂 136-139 2002

23.田村 学、山本佳史
鼻性髄液漏閉鎖術 内視鏡下鼻副鼻腔手術の実際と応用 金原出版 95-97 2002

22.田村 学、山本佳史
涙嚢鼻腔吻合術 内視鏡下鼻副鼻腔手術の実際と応用 金原出版 81-84 2002

21.田村 学
慢性副鼻腔炎の内視鏡下手術 日本医事新報 No.402 33-36 2002

2000年

20.田村 学、大野浩司、川本将浩、久保 武、佐藤嘉伸、田村進一. 
ナビゲーションシステムを用いた局所麻酔下での内視鏡下鼻副鼻腔手術. 日本手術学会誌Vol.21(3)293-295 2000

19.田村 学、編集:池田勝久. 局麻下でのナビゲーションシステム.
耳鼻咽喉科診療プラクティス1鼻科手術支援機器のUp to date. 182-183 2000

18.田村 学、編集:池田勝久.
鼻性脳脊髄液漏. 耳鼻咽喉科診療プラクティス1鼻科手術支援機器のUp to date.68-71
2000

17.田村学、猪原秀典、久保武.(共著)
耳鼻咽喉科学 2000Minor Textbook 金芳堂

16.土屋啓、余田貞人、佐藤嘉伸、田村 学、川本将浩、不二門尚、久保武、田村進一.
意識下における人間頭部のトラッキング手法. 電子情報通信学会
MI2000-28:55-60 2000

15.田村 学.
ウイルス感染によるのどの痛みJOHNS16(6):858-860 2000

14.余田貞人、土屋啓、佐藤嘉伸、田村 学、久保 武、田村進一.
局所麻酔下における内視鏡下副鼻腔手術ナビゲーションシステムのための頭部レジストレーション法とその精度評価. 電子情報通信学会論文誌
Vol.J83-D-II NO.1:369-377 2000

1999年

13.土屋啓、余田貞人、佐藤嘉伸、田村 学、不二門尚、久保 武、田村進一.
局所麻酔下におけるアダプタなし内視鏡下副鼻腔手術ナビゲーションシステムの構築. 電子情報通信学会 MI99-32:1-6 1999

1998年

12.田村 学、藤川博子、上田博美 編集:久保 武、安藤邦子、阪上雅史、山田繁代.
耳鼻咽喉科ナーシングプラクティス 1998
鼻科手術     34-37     内視鏡下副鼻腔手術  38-40 
鼻副鼻腔手術   88-89     鼻漏        136-137 
鼻閉      138-139    味覚、嗅覚障害   140-141

11.大野浩司、川嵜良明、田村 学、久保 武、遠山正弥.
匂いの受容とodorant-binding protein. 頭頚部自律神経 Vol.12:65-67 1998

1997年

10.田村 学、久保 武. 
抗ウイルス薬―耳鼻咽喉科で用いる治療薬のガイドライン
JOHNS13(3):312-314 1997

1996年

9.馬場駿吉、海野徳二、高坂知節、田村 学 他.
ラマトロバンの鼻アレルギー臨床第Ⅲ相試験―テルフェナジンとの比較―耳鼻臨床補
87:1-32 1996

8.守田雅弘、原田 保、田村 学、久保 武.
滲出性中耳炎へのRXM少量長期投与の効果. 耳鼻臨床 89:1;117-126 1996

1989年

7.田村 学、山西弘一. 口腔咽頭疾患―基礎的立場から. JOHNS 5:52-54 1989

6.田村 学、山西弘一. ウイルス感染と免疫. JOHNS 5:11-16 1989

5.山西弘一、田村 学、倉田毅. HFRSウイルス感染モルモットの内耳病変.
厚生省急性高度難聴調査研究班 昭和63年度報告書:33-40 1989

4.田村 学. インターフェロンの腎症候性出血熱ウイルスに対する効果
医学のあゆみ 148:79-80 1989

1988年

3.田村学、原田保、荻野敏、佐野光仁、松永亨、山西弘一、高橋理明、倉田毅
Hantaウイルスによる内耳病変.(第2報) 基礎耳科学会. 19:400-402、1988

2.田村 学、山西弘一.腎症候性出血熱. 臨床成人病 18:2061-2064
1988

1987年

1.田村学、原田保、荻野敏、佐野光仁、松永亨、山西弘一、高橋理明、倉田毅
Hantaウイルスによる内耳病変. 基礎耳科学会. 18:255-257、1987

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME